フロルフロラは安全?全成分の効果と副作用の危険性を徹底解析!

こちらのページではフロルフロラの成分について、各成分が持つ効果と副作用の危険度をまとめていきます。

 

体の中に取り入れるものですので、体に害のある成分が入っていたら大変…。

 

ということで、フロルフロラの飲用前に本当に安全な商品なのか?と言うことを、こちらの記事で最終確認してみてください。

 

 

成分名 効果 副作用の危険性
還元麦芽糖水飴 砂糖に似た甘みがありますが、カロリーは砂糖の半分であり、血糖値の上昇がありません。
イヌリン(食物繊維) ごぼうや玉ねぎに多く含まれている水溶性食物繊維であり、腸内環境を整え、血中中性脂肪を減らします。
コーンスターチ 脂質、炭水化物、たんぱく質、マグネシウム、カリウム等を含んでいます。
フラクトオリゴ糖 糖として吸収されず、血糖値を上げません。
乳果オリゴ糖 少量で効果が得られるオリゴ糖であり、ビフィズス菌を増やして整腸作用があります。
乳酸菌 整腸作用や内臓脂肪の低減などさまざまな健康効果があると言われています。
デキストリン デンプンから作られています。便秘対策になります。
乳糖 腸のぜん動運動を促進し、便秘を防ぎます。
粉末山西老陳酢 栄養素やアミノ酸が豊富に含まれています。
乳酸菌生産物質 腸内細菌の中の善玉菌が毎日生産している、健康に生活するのに必要不可欠な物質です
酢酸菌発酵物 免疫力を高め、花粉症やアレルギー症状を緩和させると言われています。
酪酸菌/HPMC 善玉菌をサポートし、身体に受けたダメージを補修するともいわれています。
セルロース 不溶性食物繊維であり、水分を吸収して便の量を増やし、便秘改善をはかります。
DL-リンゴ酸 酸味料として使われるとともに、乳化剤としての役割も果たします。
ステアリン酸カルシウム 製品がだまになるのを防止するのに配合されています。
微粒二酸化ケイ素 吸湿・乾燥材としても使用される、体内で消化吸収されない食品添加物です。
コハク酸 貝類に含まれるうまみ成分であり、脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。
環状オリゴ糖 品質改善や安定化のために使われていますが、ダイエットにも効果的だと注目されています。

 

副作用の危険性:当サイトの基準で判定

 

フロルフロラの成分を調べてみた結果、上記の通りとなりました。特に副作用がある成分は含まれていないみたいです。

 

また、フロルフロラは国内工場の徹底した品質管理のもと製造されている商品なので、安全性はお墨付きと言っても過言ではないでしょう。

 

そして、代表的な成分としては短鎖脂肪酸や5兆個の乳酸菌などが含まれています。

 

フロルフロラに配合されるこれら有効成分の相乗効果により、乱れた腸内環境を改善し、あなたを体の内側から魅力的なボディへと導いてくれるでしょう。

 

ただし、過剰摂取には要注意です。適量を超えて飲用するとお腹を下す恐れもあるので、1日1粒と言う目安は守るようにしてください。